スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューティングベストとレッドドットサイト

アメリカの銃用品ネット販売のNatchezに頼んでいた、シューティングベストとレッドドットサイトが今日届きました^^
今月の15日に、「3営業日以内に発送するね~」というメールをもらっていたのですが、このタイミングは早いのか遅いのか?^^;

日本で売られている銃関係用品って、基本的に高いですよね><
まあ、海外からの輸入品がほとんどで、日本の射撃人口からしてそんなに売れる物でもないでしょうから、仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんが・・・

その中でも特に高いと感じたのがシューティングベストでした。
オールシーズン着られるように、すなわち、夏なら薄着、冬なら厚着した上に着て違和感が無いように、メッシュの物が良いと思っていたのですが、日本の通販では一番安くて12,000円でした@@;
メッシュのベストなんて、その辺のホームセンターで売ってる物でいいんじゃないかと思ったりもしたのですが、さすがにそれは無理のようでしたw

コストパフォーマンスの追及が大好きな僕としては、海外ネット通販サイトに活路を求めますw
すると、Natchezにメッシュのスキート用の物がありました $26.49で^^
それがこちら
DSCN1948.jpg
ボブ・アレンというブランドだそうですけれども、よく分かりませんw シューティングベストのブランドにはこだわっていなので。
日本でもそうですが、アメリカでもベレッタは高級ブランドの位置づけらしく、アメリカでもベレッタのシューティングベストは高い方でした。


Natchezで、レッドドットサイトも買いました。
先日のライフルスコープの記事でも書きましたが、日本で売っているドットサイト(ダットサイト)は、安い物はレプリカやエアガン用ですぐガタが来るし、数万円するお高いやつも果たして実銃用か良くわからないという・・・
そんな時、頼るべきは海外ネット通販ですw

買ったのは、ライフルスコープの記事の時にも、安いメーカーとして名前が出たBSA社製の物です。
DSCN1950.jpgDSCN1952.jpg
正面の"BSA"という文字がなんだかにじんでるんですけど^^;
ちなみにお値段は、普段$40.99のところをセールで$26.99でした ワァーイ^^

BF3やBF4で何度も覗き込んだドットサイトが、リアルでも覗けるのは感動です
DSCN1958.jpg


海外通販は、シューティングベストにしてもドットサイトにしても、商品の値段は日本と比べようもないくらい安いのですが、送料がネックなんですよね><
Natchezからの送料は、あちらからどの方法にするか聞いてきます。
今回の荷物の大きさだと、USPS Express Mail - $71.69、 USPS Priority Mail - $55.94 、 USPS First Class Mail - $33.14- no insurance available の三択でした。
一番安いファーストクラスメールは、いわゆる普通郵便で、荷物の追跡ができず補償も無いということなので、今回はその上のプライオリティメールにしました。
送料も全部合わせると$112.12、1個当たりにすると$56強ですから、それでも日本で買うよりは安上がりでした^^

ちなみに、今回の2品の注文は別々の日にしたのですが、「同梱してもらえないか?」とメールしたら対応してもらえたのはうれしかったです。

大きい物や重い物は送料が高くなると思うので、その辺もふまえて、日本で買うか海外通販で買うか考えなきゃなりませんね。



海外ネット通販の支払には、クレジットカードを使うことが多いですね。
ただ、特に海外ネット通販では、クレジットカードの情報が漏れて悪用されないか不安な部分はありますよね。
そんなケースでは、僕は楽天カードを使っています。
楽天カードは、カード利用の情報が店から上がってくると、メールでそれを教えてくれるサービスがあるからです。
これなら、万一カードが不正使用されても、早い段階で気付く事ができるので、その後の対応も素早くできます。


他のカードでも、ネット上でカード利用状況を確認できますが、毎日チェックしてるわけではないですからねw



スポンサーサイト

自動車保険料の節約術(上級編?)

射撃をする方は、大部分の方が自家用車を使っているのではないかと思います。
射撃場は、大抵人里離れた交通の不便な所にありますし、電車やバスなどの公共交通機関に銃を持って乗るのはなんかはばかられますし。
僕も自家用車を持っており、射撃場にはそれで行こうと思ってます。

で、自家用車と言えば自動車保険(任意保険)が付きものですね。
なにかにつけてコストパフォーマンスを追及するのが好きな僕としては、自動車保険についても当然そうしてきました。

今ではかなり広まっているのでご存知の方も多いと思いますが、僕は毎年自動車保険一括見積もり比較サイトを使って各保険会社の保険料を比較し、コストパフォーマンスに優れた(大抵の場合は一番安いw)会社の保険を選んできました。

自動車保険一括見積もりサイトはいくつかありますが、そのうちの一つ、インズウェブを紹介します。

自動車保険の満期日まで90日以内の方なら見積もりできますので、この手のサイトを使ってみたことがない方は、ぜひやってみてください。

僕の自動車保険の満期日は11月下旬なので、今年も比較サイトを使って保険料を比べてみました。
ここ数年は、三井ダイレクト損保とSBI損保が安かったので加入してきましたが、今年は「おとなの自動車保険」(セゾン自動車火災保険)が結構安くなりました。

一括見積もりサイトでの結果で保険会社をある程度絞り、その後、それぞれの会社のサイトで見積もり条件を詳しく指定するという流れで比較を進めるのですが、おとなの自動車保険には他社には無い特色がありました。
それは、ロードサービスの要不要が選べ、不要にすれば、その分保険料が安くなることです。

自動車保険会社の広告では、いかに無料の(実際には無料ではなく、その分も含んで保険料計算されているはずだが)ロードサービスが手厚いかを大きく謳っているものが大多数ですが、ロードサービスの不要が選べるのは、僕が知る限りはおとなの自動車保険だけです。

ただ、ロードサービスが全くなくなってしまうというのはさすがに不安がありますよね。

それではと、ロードサービス単体のサービスについて調べてみました。
そうすると、JAFなどがヒットしたのですが、おとなの自動車保険でロードサービスを不要にして節約できる保険料よりも、JAFの年会費の方が高いので、これでは本末転倒ですw

他に何かないかと探していたら、クレジットカードにロードサービスが付いているというのを見つけました。
そして、最終的に選んだのがこのカード
エネオスカード
カード特典の違いでカードが3種類あるのですが、カードSを選べば、ずっと年会費無料になることもできます。

主目的である、ロードサービスの内容はこちら
エネオスカード ロードサービス内容
ロードサービスは重視していないけど、全く無いのはさすがに不安という僕にはちょうど良い内容です。

ちなみに、いまならクイックペイキャンペーンをやってるみたいですよ^^
エネオスカード キャンペーン


おとなの自動車保険でロードサービス不要にして保険料を下げ、エネオスカードSでロードサービスを確保しながら年1回のカード利用で年会費無料になる。
これが僕の、今の所の究極の自動車保険選びです v(^^)v

ライフルスコープ

銃を持てるようになったら、クレー射撃(動いている標的を撃つ)と共に、静的射撃(50mか100m先の動かない標的を撃つ)もやってみたいと思っているということは、前の記事に書きましたね。

静的射撃と言えばライフルスコープ!
スナイパーガッキー
何度も登場!某若手女優さんに(ry
そう、彼女が覗き込んでるのがライフルスコープです!

日本の通販やホビーショップで簡単に買えるライフルスコープは、レプリカやエアガン用と言って、実銃で使うと発射時の衝撃で、早い段階でガタがきてしまうそうです。
「実銃用」とかの検索ワードで探してみたりもしたのですが、結局の所はレプリカだったということばかりでした。
まあ、僕の場合はそんなに頻繁にライフルスコープを使う機会は無いかもしれない(そんなに静的射撃をしに行かないかもしれない)のですが、とは言え、ガタがくるといわれている物をわざわざ使うのはやっぱりいやですよね。

それではと、海外の実銃用アクセサリー通販サイトを見てみると、まさにピンからキリまで、2千ドル以上から20ドル台まで色々あります。
実際の戦場で、1ショットに命を賭ける本物のスナイパーならばどんなに高くても「当たる」スコープを選ぶでしょうが、平和な日本に生きる僕としては、とにかく安い方から探してゆきますw

海外の通販サイトでライフルスコープを安い方から並べると、BSAというメーカーとSimmonsというメーカーが上の方(安い方)に出てきました。
値段としては20ドル台ですから、下手すると日本で売っているレプリカとかより安いですw
ただ、海外からの送料が高いので、総額としては安くなくなってしまうということと、ライフルスコープを海外通販で買おうとすると、輸入制限品目として税関で止められるとかいや止められないとかネットの掲示板などに書かれていたので、面倒なのは嫌だなと思いました。

そんな時、ふと、それらのメーカー名で再度検索してみたら、日本の通販でも海外と同じ物を売っているサイトがありました^^
そのサイトがこちら
Simmonsライフルスコープ販売サイト
国内の通販サイトですから、税関云々の話は全く関係ないですし、海外通販の送料や保険料を考えると、この値段は結局安上がりになるような気がします。
ちなみに送料は630円でした。

届いた商品がこちら^^
SIMMONSライフルスコープ
まあ、銃本体はもとより、マウントリングすら無い状態なので、ごろんと転がしてますw

実際に覗いてみた感想は
「うわぁ~ 遠くが良く見える~」(小並感ww)

早く実際の射撃で使ってみたいものです(^^)/

サングラス

グッズのご紹介第2弾は、サングラスです。

サングラスって、男なら(女性でももちろんおkなのですがw)使いたくなるグッズですよね^^
僕が最初にサングラスを買ったのは、高校生の時でした。
サングラスをかけて行くような場所も無かったんですけどねw 憧れだけで買いました。

その当時は、主に「コンバットマガジン」(懐かしいw)に影響を受けて、レイバンのティアドロップ型のサングラスが至高だと思っていたので、それを買いました^^
tom.jpgtop-gun-film.jpg
映画「トップガン」のトム・クルーズもカッコ良かったですよねぇ

ただ、ティアドロップ型って、大門軍団やその筋の方々に憧れてるの?って思われるんじゃないかと、後になって気が付きましたw
ぼ、僕はあくまでも、米軍の基準をクリアしたレイバングリーンの機能的なサングラスだから選んだんですぅ><


大学生になり、かっこつけアイテムとしてサングラスを活用しようと思って買ったのが、レイバン ウェイファーラーという、スクエア型のサングラスでした。
rayban-wayfarer1.jpg
外人さんって、本当にサングラスが良く似合いますね。
ちなみに、このウェイファーラーは、今でも車を運転する時とかに使ってます^^


そんな感じで、昔からサングラスに憧れと言うかこだわりと言うかを持っていた僕ですが、射撃をする際にも当然サングラスが必要だと思いました。
三たび登場、某若手女優さんに似ているというのは気のせい(ry
スナイパーガッキー
彼女がしているのは、サングラスというよりシールドなのですが、自分もこういうのをして射撃がしたい! 気分はスナイパーw

僕が射撃用に買おうと考えたサングラスの条件としては、
・シールドの意味もあり、常時着用しようと思うので、快晴の時から曇りの時まで対応できるように、
 レンズの色が変わる、もしくはレンズが付け替えられる物
・シールドの意味から、なるべく顔をぴったりとカバーする物
・射撃時の衝撃がどのくらいなのかまだ分かりませんが、万一強烈であったとしてもサングラスが
 ずれたり飛ばされたりしにくい物
でした。

で、最初レンズの色が変わるサングラス(調光レンズのサングラス)について調べてみました。
そしたら、調光レンズって、夏より冬の方が色が濃く、色の変化も早いんだそうです。
調光レンズの真実 HOYAホームページ
やっぱり、サングラスが必要になるのは冬よりも夏だと思うので、調光レンズのサングラスは射撃には向かないと思いました。(HOYAのページにも「調光レンズはサングラスではない」とはっきり書いてありましたw)

ところで、実は僕は目が悪いんです(近視)
高校生の頃からずっとソフトコンタクトレンズを使ってきたので、スポーツなどの動きの激しい時でも特に支障はありませんでした。
ただ、寄る年波か(><)、この頃目が疲れやすくなり、ドライアイ的なゴロゴロ感も頻繁に感じるようになったので、普段からメガネの生活に変えることにしました。

ただ、普段からメガネにすると、サングラスという物が使いにくくなりますね。
例えば、度付きのサングラスにするという手もありますが、それだと、一旦かけてしまうと、替えのメガネを持っていない限り外せないということになります。
これでは、明るさ(暗さ)に対応できないのでかえって危険です。

次に、メガネの上からかけるサングラスというのを見つけました。
メガネの上からかけるサングラス
実際に買いましたが、結構便利です。
裸眼やコンタクトレンズの時にサングラスをかけるのと同じように、薄暗い所ではさっと外せます。
ただ、メガネの上から着けるので、結構大きく、顔との隙間も広いので、スポーツ向きではありません。

そんな時、いい物を見つけました!
エレッセ スポーツサングラスシリーズ

まず、普通のサングラスとして見て
・5枚のレンズが付け替えられるので、快晴から曇り、そして室内(透明なシールドで)まで対応できる
DSCN1923.jpg

・顔にぴったりとフィットするデザイン(特にES-S101)
・強い衝撃がある場合は、ベルトに付け替えてしっかり着けることができる
という、僕が射撃用サングラスに求めている条件を全てクリアしています^^

ちなみに、
ES-S101:顔の脇の方までレンズが回りこんでいるデザイン。僕はこれを買いました(^^)
 〃 102:女性向け
 〃 103:サングラス(シールド)の部分が跳ね上げられるタイプ。直接メガネに取り付けるサングラスに
       こういうのがありますね
 〃 104:サングラスの脇の部分のデザインが101と違います。メガネ部分もフラットに近づけたらしい
       (詳細後述)
 〃 105:104をちょっと小さくしたらしい
 〃 106:女性向け
という特徴があるようです。

そして、僕が「この商品のアイデアはすごい!」と思ったのは、内側にメガネ(レンズ)を装着できるという点でした。
これならば、メガネをかけていながら、シールドの部分を付け替えればどんな明るさにも対応できますし、激しいスポーツにも対応できて、しかもかっこいいという(^^)b

ただ、注意書きに、ゆがんで見えたりすることがあると明記されており、写真で見てもメガネの部分が小さすぎるので、普通のメガネとは違うんだろうなぁと覚悟しながら発注しました。

結果は・・・やっぱりゆがんで見えました^^;
商品の注意書きにちゃんと書いてあるので、これは文句を言っているのではありません。
ただ、「あぁ、やっぱりゆがんで見えちゃうか。アイデアはすごく良いだけに残念だ」という感想です。

DSCN1935.jpgDSCN1937.jpgDSCN1936.jpg
おでこのカーブに合うように、フレームが大きく湾曲している内側にレンズをセットするので、上から見るとレンズがへの字に見えるくらい曲がっているので物がゆがんで見えてしまいます。
アイデアはすごく良いと思うんですけどねぇ 惜しいなぁ

まあ、僕が射撃でこのサングラスを着ける時は、コンタクトレンズを使うことにします^^;

イヤーマフ

インドア派(^^);の僕としては、射撃はもとより、アウトドア的な用具はほとんど持っていないので、これから色々揃えていかなければならないわけですが、「掛けなくても済むコストなら、掛からないようにする工夫は惜しまない」というのをモットーとしている僕としては、なるべくコストパフォーマンスの高い物を探してゆきたいと思っています。

なので、自然とネットショッピングで買い物することが多いです。
価格や性能の比較が存分にできるので^^
アマゾン、ヤフーショッピング、楽天市場などがお気に入りですw

ブログをご覧いただいている皆さんに、何らかの参考になればうれしいですし、逆に「こんな物もあるよ」と、コメントか何かで教えていただけるのもありがたいですね。


さて、記念すべき(?)第1回目のご紹介はイヤーマフです。
そう、銃声から耳を守る防音具ですね
スナイパーガッキー
再び登場、某若手女優さんに似ているのはきっと気のせいでしょう ゲフンゲフン
ちなみに、この写真では左耳の穴が見えてしまっているので、イヤーマフをつけている意味がありませんねw

射撃の時の防音方法には、耳栓とイヤーマフのどちらか、もしくはどちらも使うそうです。
ただ、ゲームやその配信をするときに着けるヘッドセット(ヘッドフォン)がまさにそうなのですが、イヤーマフは着けていると耳が痛くなりそうなので、使うつもり(買うつもり)は無かったんですよね。
見た目は、いかにも射撃をやってます!って感じでいいんですけどねw

主に耳栓を見るつもりでアマゾンを見ていたら・・・
耳栓&イヤーマフのページ(価格順)
ん?490円!? やっすww

ということで、ついポチってしまいましたw
ちなみに、アマゾンでは基本的に「プライム」で絞り込んでます。
プライムなら送料は無料なので、表示されている価格だけで考えれば良いから分かりやすいです。


ということで、実際に届いたものがこちら
P9270009.jpgP9270008.jpg
値段が値段だったので、あまり期待はしていなかったのですが、実際に着けてみるとかなりしっかりとしたつくりです。

イヤーマフを着けると、手で耳を塞いだ時のような「ゴォー」という感じの音が聞こえるのかと思っていたらそうじゃないんですね。
ちょうど、健康診断の時に聴力検査をするブースの中のように、密閉というか無音に近いという感じです。

アマゾンの購入者レビューに書いてある通り、締め付けはキツ目です。
ただ、しっかり締め付けないと遮音性は保てないだろうから仕方ないと思います。
射撃で使うとすれば、ずっと着け続けるのではなく、射撃の合間はずらすとか外すとかすれば、締め付けで耳が痛くなることもほとんど無いんじゃないかと思います。

そういえば、ちょっとだけ驚いたことが
このイヤーマフを着けた状態で、アームの部分の角度が変えられるんです
P9270003.jpgP9270002.jpg
まあ、だから何だ?と言われても困るんですがw

ヘッドセットや密閉型ヘッドフォンと同じで、耳の部分とアームの部分は固定されていると思い込んでいたので、ちょっとびっくりしただけです^^;

アームの角度が変えられなくて髪型にくせが付くのが嫌な人にはいい機能だと思いますww
プロフィール

けんたろうjp

Author:けんたろうjp
.
千葉県在住の40代会社員です。
時間的にも金銭的にもちょっとだけ余裕ができてきたので、クレー射撃をやってみようと思い立ちました。


オンラインゲームのプレイと配信は、今でもやってますよ^^
プレイ中のゲーム
War Thunder
 第二次世界大戦~朝鮮戦争の頃の軍用機で戦う基本 無料ゲーム
 マウスだけでも思い切り空が飛べます^^

BATTLEFIELD4
 ヘリ大好き! でも、この頃とんとご無沙汰^^;
   
配信は、週末にTwitchでやってます。
http://www.twitch.tv/kentarojp
よかったら見に来てね^^

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。